今後の活躍が楽しみな清宮幸太郎選手。

5月2日の札幌ドームで行われたプロ野球日本ハムファイターズ対楽天イーグルス戦で、日本ハムの清宮幸太郎選手がデビューしました。

6番指名打者で試合に臨んだ清宮選手は、第1打席で楽天の岸投手のストレートをあわやホームランかという打球で2塁打を放ちました。

岸投手と言えばプロ野球での実績が十分な大投手です。

その1軍でのエース級ともいえるピッチャーの球を見事に打ち返したのですから、清宮幸太郎選手の実力は本物と言えそうです。

清宮幸太郎選手はその後の第2,3打席でいずれも三振に取られ、岸投手は完封勝利を挙げていました。

こういったピッチャーから鋭い打球を打てたことで、これからの清宮幸太郎選手が楽しみです。

ただ今日はDHという打撃だけでの出場でしたが、より多くの出番をもらうためにも少し守備にも力を入れてほしいです。

現段階では清宮選手は守備をするなら1塁手となっていますが、このポジションには強打者が多くいます。

となると出場機会も限られてくることがあるので、例えば内野であればサードなどのポジションも検討してほしいです。

とはいえ彼の最大の魅力は打撃だと思いますので、しばらくはDHである程度の結果を残してほしいです。